ここからが幸=ココサチ

機能不全家族で育った私の回顧録

機能不全家族=兄

おはようございます むつきです

仕事より眠気が勝る今日この頃です
ストーブを点けたいけれど、💰飛んでいくと思うと点けれない。
燃料値上がりしましたね・・・
地方では車がないと生活できません
ガソリン入れるので精いっぱい!158円はないな😞
エコな運転を心掛けましょう!

”急発進しない・スピードあげたり落としたりしない”

これだけでも違うそうですよ🚙

 

それでは今日もよろしくお願いします

 

兄は長男だから優遇されたわけじゃなかった

 

祖父母にとって近くにいる孫は私たちだけで
男の子は一人だけなので可愛がられたのは確かです

 

兄妹間で差をつけなければならない為
お年玉やお小遣い、おかずやおやつに至るまで序列をしかれました。
全体の予算を考えれば、一番上も低くなります。
という事で必然的に一番下はスズメの涙(それでもありがたいよ
一番下=お金いらない・物がいらない・与えなくていい
という考えがみんな共通していました。

 

常に兄上げ 妹下げ

 

こんな感じですから俺は一番偉いと思ったかもしれません

 

頭の出来イマイチ~高校卒業後は体力があればOKなところに就職しました。
波多から見れば頼りがいのある兄 男なのでしょう
そのお陰でモテました(笑)でも身内は誰も兄を薦めません


特に女性陣は 苦労させられていますから
兄を立てないと不満になるんです
ゲームで私が勝とうとすると親に止められました
姉は自分が勝てないので、私には『余計なことするな』のスタンスでした。
妹の私が勝つことなんてない事なのに、唯一のゲームですら許されなかった。

”妹の分際“

兄の常です 周りも悪いですけどね
今もそれは変わらない

”妹の分際”から”女より偉い”という考えになって
”自分の為にあれこれやってくれる存在”という考えが根付いてしまった

 

二度目の結婚相手は知り合いだった事もあり、全力で止めました(笑
結婚しても苦労するのは目に見えている
それで一度離婚しているんだから

 

他の身内は2度目だし・反省もしているだろうって事で祝福しました。

(もちろん決まった時は私も祝福しましたよ)

 

が、結婚しても人は変わりません
妻に対して子供に対しても、上から目線
上から目線というより、やってもらって当たり前

 

子供ですね(’Д` )頼りがい等皆無

 

男に生まれただけで偉いと勘違いしてしまっている
料理をしたら洗い物はしない
注意されたら『料理してやったのに』とふてくれされる(たまに人の分も作る)
定期的に作るでもなく自分がやってみたいと思った時だけ
食べたら寝る
片付けやその後の家事はノータッチ 育児は妻の仕事を増やすだけ
子供がいても寝る 起きたと思ったらスマホゲーム
子供に声を掛けられると『今忙しいから』

 

以前は家に帰って来る度、うちの食料を空っぽにしていきました。
母が兄が来るからと大量に買い込んでは、食べさせ
挙句私の子供に買っておいたオヤツや食料まで使って食べさせる。
『たまにしか来ないからやってあげたい』
と母は言っていました

 

うちの子は何食べるんです???┐(´д`)┌
30過ぎの(今は40過ぎ)のおっさんが10歳の子供の食料食らって

『ああごめんごめん。だってお母さんが食べていいって言ったもん』

と悪びれる事なくいたずらっ子の様に言うんですよね。


2度目の義姉は既に離婚を考えたと言っていました(逆になぜ結婚した)
子供がお父さん好きと言っていたので踏みとどまったと

 

義姉は専業主婦ですが仕事ができないわけではありません
結婚を機にやめているだけ、手のかかる人間が3人もいて仕事までやっていたら
身が持たないでしょうね
もちろん義姉が決めた事ではありますが

 

多分時間の問題です・・・