ここからが幸=ココサチ

機能不全家族で育った私の回顧録

毒親と思うところ③

おはようございます 睦月です

秋が深まってきましたなと思ったら もう冬?

とうとう雪予報が九州にも出る季節です

まだ紅葉の季節だと思っていたのに あっという間ですね

 

それでは今日もよろしくお願いします

前回の語りはこちら

an-kokosachi.hatenablog.com

本物の毒親

食中毒になった時 私が体調を崩した時
母は世話をやく相手ができてうれしくて
祖母は天罰だとうれしく言う人で

父は病院へ送り迎えしてくれて
アクエリやらなんやら買ってくれて
その後母に「そんなもの私が買うのに」と言われて
まったく休まらない家

自分に何かあればよくない事しか起きない

だから私は黙るだけでした

 

食中毒は別ですが(人災)精神面の原因で体を壊し続けました
摂食障害 睡眠障害
頭痛 吐き気 眩暈 

回復しては繰り返し

精神を削られ体調を崩し学校を休みがちになり
不登校になり 再登校し また不登校
そんな生活が3年程続きました

 

そして母に言われました

「産まなければ良かった」

 

 

何かストンと落ちるものがありました

母に”愛する子供”と思われている気がしなかったから

”自分の為に存在する子供”でしかなかったから

あまりに自分に負担になる子供だから 面倒になったんだなと

だからその言葉に”納得”しました

 

それから完全に壊れてしまった

自殺を考えるようになり 未遂を繰り返しました

 

 

機能不全家族=祖母

おはようございます むつきです

昨日は給料日でした

自分にお疲れ様とビールでも買いたいところでしたが🍺

もうすぐ健康診断なので我慢しました・・・

 

今日は宗教のページでも少しふれました祖母の話です

宜しくお願いします

 

毒親の母は毒親ではない

祖母はワガママで高飛車でしたが悪い人ではなかったと思います

祖母は幼いころお嬢様でした

家には奉公人がいる様な家柄の人だったんです

職業は学校教諭

そのお陰か自然と上から目線の人でした

品がある 凛としている

というと聞こえはいいですが
家では子供のような人で ワガママなお嬢様のイメージそのままです

子供は3人

全員父親が違います
死別1回・離別2回 この時代の人にしたらスゴイです(笑)

叔父(母の弟)は放浪癖があり
行方不明になる事がよくあります
幼いころ1度会って 次にあったのは28歳の時でした
20年以上どこにいるかわかっていなかった
そこから数年は連絡を取り合っていた用ですが
今はもうどこにいるかわかっていません

叔母(母の姉)は近くに住んでいますが
こちらも奔放な人であっちフラフラ こっちフラフラしつつ
さみしくなると寄ってきて
面倒になると去っていく

祖母とそっくりなんですが 本人同士はすごく仲が悪く罵りあっていました(笑)
最後まで祖母の面倒は見ず 母や私に任せっぱなしでした
でも喪主には名乗り出てましたね

 

祖母と長く暮らしましたが晩年は

・通販で買った大型家具を配送してきた業者を泣き落とし組み立てさせ(あまりにでかくて返品
・宅配にきたお兄さんにお小遣いを渡し家の家具を配置変え(家が傷だらけ

※家に来た人間にはもれなく家族の悪口を言いまくりますので
最終的にみんな祖母に見つからない様にしてた


・捨てたゴミを拾い部屋の中に蓄積(8畳の部屋が3畳ほどに
・家族に隠したいものをしまい込み忘れて異臭騒ぎ
・ベッドにうじがわくなどなど

色々面倒な事をやってくれました

 

足を悪くしてからデイサービスに行くようになると
高飛車な性格が災いして人とコミュニケーションが取れず
家にこもって本を読むように
お金の管理は自分でしていたので通販で色々購入していました

98歳で他界するまで直前3か月ほど入院しましたが
それまで杖をつきながら自分の足で歩いていたスーパーばあちゃんでした

 

 

その頃には父とは別居していて
依存先を無くしたショックから
母は働かなくなりました

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アダルトチルドレンと共依存(きょういぞん) [ 緒方明 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2021/11/26時点)

機能不全家族=宗教

おはようございます 睦月です

先日スターバックスへ☕マイボトル持っていくと
スタッフのお姉さんがナミナミと入れてくれました
注文したのはショートサイズだったのに
その場で飲み切れませんでした(感謝


今日は母の実母について少し語ります
よろしくお願いします

 

私は助かった 友人は助からなかった

私は宗教が嫌いです
すべての宗教ではないのですが

特に家にやってくるタイプ 大嫌いです

理由は3つ

 

①母が聞いたこともない宗教に一時期はまっていたから

怪我の治りが良くなるとかなんとか
兄もはまってました 単に怪我をよくしていただけで
それを呪われているくらいに思っていた様です

私も一度 連れていかれた事がありますが
二度目誘われたときはつまらないから嫌と断りました
幸運だったのは場所が遠かった事 貧乏だった事
母は免許を持ちませんので頻繁に行くことはできず
母と兄は何度か行きましたが いつの間にか行かなくなっていました

当初できたばかりの宗教でしたがいまでも根付いています

 

②祖母がキリストに心酔

キリスト教徒ではないのです
でも聖書を持っていました
そのおかげか”そういう方たち”がよく家に訪問していました

何をするか?

愚痴言うんです

 

娘(母)がこうで

旦那(父)がこうで

孫がこうで

そして訪問者は返します

「そういう人たちは神に見放されますよ」

「鬼の子なんですよ」

 

と。これが神を信仰する人たちなら
その神 ヒドイ神だなと子供ながらに思っていました
そんな祖母と25年一緒に暮らしていました 毎日来ていたんですね多分
休みの日の度に聞いていました(’Д` )ハァ

 

③友人の自殺

母が宗教にのめりこんだのは母の友達の誘いがあったからでした

その人も子供を連れて来ました 私の友人です

親が信仰するのは勝手ですが 子供も入信させようとする

それまでの生活が変わるので子供によっては拒絶反応がでます

それでも無理やり信仰させようとするとどうなるか

心が病みます 壊れます

そして私の友達は成長とともに疎遠になり

20歳 一人でドライブに行き 車の中で自殺しました

友人の母は笑って言いました

 

「神様のところに呼ばれたのは栄誉なこと」