ここからが幸=ココサチ

機能不全家族で育った私の回顧録

機能不全家族=姉①

こんにちは 睦月です

 

北海道で初冠雪があったそうですね

九州はまだまだ暑いです

日中30度を記録するほど

ダイソーで買ったかき氷機(500円)を使って乗り切ります🍧

 

今回は少し長いので2回にわけます

お暇なときにお読みください

気分が悪くなったらやめてくださいね

それではよろしくお願いします

 

機能不全家族=姉はしっかり者になりたかった

 

兄も妹の私もしっかりした姉に弱かったです

姉にも自分がしっかりしないという思いがありました

母が入院する事になった時は、お弁当を頑張って作ってくれました。

卵焼きはしょっぱかったけ

小学生なのに凄いなと尊敬しました

父もいたので無理する必要はなかったのですが、姉は頑張ってくれました。

 

しかし姉は母と同じかそれ以上の気質の持ち主でした

自分が頑張ったからお弁当持っていけたでしょ?

お父さんの茶色い弁当じゃなくてよかったでしょ?

その言葉の裏には

感謝しなさい””私は偉い”

”お姉ちゃんがいないと困るでしょ?”

”お姉ちゃんがいてよかったでしょ?”

という言葉が隠れています。

 

実際その通りなので兄も私も何も言えませんが(-公-)

 

それだけならまだ“お姉ちゃん”

精神的にちょっと??というところがありました

 

自分が気に入らない事があると

相手が泣くまでマシンガンのように責め続け(兄は泣かないので私)

自分の言うことは絶対で正しいと思っている

相手が泣けばスッキリしてか、ヤバいと気づいてかトーンダウン⤵

その後 数時間たつか翌日謝ってきます。

その時はなぜか 自分が被害者のようなふるまい

『言いたくはなかったけど、あなたのために怒った』

『私も辛い』

自己肯定感が低い人で優柔不断で情緒不安定

 

子供ながらに”この人狂ってる”と感じていました

でも家族の誰も咎めないし、守ってくれなかった。

姉の嵐が通り過ぎるのを待つだけ、嵐に私を当てがってました。

 

そして私は抵抗をやめました(続きます

 

 

ブログを書くと辛い気持ちが蘇りますが

今の生活を思うと幸せだなとしか思いません

親子二人暮らしになって初めてやったこと

ぬか床を買いました(笑)ずっとやりたかったんです!

簡単だし美味しいですよ(’∀`)

自分の人生楽しもう~!