ここからが幸=ココサチ

機能不全家族で育った私の回顧録

機能不全家族=私

こんにちは 睦月です

今日は久しぶりに髪を切りに行きました

多分一年ぶり?

寒くなって湯沸かし器の温度設定をあげました
そうしたら!ガス止まりまして😢
ガス漏れじゃないかと安全装置が働いたとの事。

かしこいですね(いまさら)
お湯の使用量考えて、お風呂にいる時間を短縮するため切りました✂

今までは母管轄だったので、夏場でも必要ないのに40°設定で
水でぬるくして使ってました(もったいない)

 

このあたりの事も追々書きます

今日もよろしくお願いします

 

私は変な子

 

園児の頃 園内のトイレで一人籠ってずっと水を流していました
水流が美しく、吸い込まれていく様が面白かった
先生がスゴイ勢いで探しにきました(ゴメンナサイ💦

お絵描き 砂遊び 粘土遊び 遊具で遊ぶ事より手先を動かして何か作る事が大好きでした

油絵で描かれた絵本を何度も何度も見てとうとう真ん中からやぶれました
自分が見すぎたせいなのだけどショックで泣きました

遊具では遊ばないというかすぐ飽きる その代わり自然の中では飽きませんでした

 

木々の形、手触り、色、葉の形、色、落葉の色の違い、そして匂い。

見るものが沢山 感じられる事が沢山 でも全然うるさく感じない

 

この頃には既にHSPでのわずらわしさを感じていた私には

一人 自然の中 が最も居心地がいい場所でした

 

小さい頃から周りとの違いに心地悪さを感じていました
”何を言ってもどうにもならない環境”と”自分の発言で空気が変わる事”を感じとって
そのうち話さない・話せない子になりました。
話をしても兄と姉に邪魔をされて勝手に

「こういう意味でしょ?」と。

 

そうやって自分の世界にこもる事が好きになっていきました

誰にも邪魔されない 好きにできる 自由

でも兄姉からはそんなところも変と言われました

単に自分たちの思い通りにならないのが嫌だったのだと思います

1人で遊んでいいかどうか 親や兄姉の顔色を窺っていました



私が行う事は全て間違い

私の事を私が選択していても間違い

 

そう決めつけられて育ったらどうなるか

自己肯定感が無い というより 壊れました

f:id:an_sachi:20211013072431j:plain