ここからが幸=ココサチ

育った環境より今を大事に

鬱という病気が身近になって

おはこんばんにちは あんむつです

 

最近、同部署に鬱を患っている子が異動してきました。

原因はお局からの執拗な嫌がらせ

これらは仕事に関しても嫌がらせを行ってくるので

入ってきた人物が3か月とモツ事はありませんでした

 

以前手伝いに行った時に半年ほどそこに居たことがありますが

”凄い人だ”、”できる人だ”と思われました。

 

髪の毛抜けまくったけどね!

 

私の場合 毒親育ちがあったから耐えられたのかなと思います

耐えられたというより 諦められたというか

涙ながらに通勤していた事もありましたが……

 

何故こんな話をしているかというと

先日フィッシャーズのモトキさんが鬱を公表されましたね

以前フィッシャーズにハマってみていて

モトキさんは何か違うと感じていて

動画をみた後は「なるほど だからか」と思いました。


www.youtube.com

 

鬱はとても身近で普段は鬱でない人と何も変わりません

症状が出るか出ないか

鬱を調べれば調べる程(異動スタッフがくると聞いたので調べた)

自分の事か?と思ったり

気づかないうちにそうなっている可能性もあるなと思ったり

 

でも先日読んだ本に書いてありました

抗うつ剤と同等の効果を発揮するモノがあると

それは運動だそうです

抗うつ剤と同じ作用を脳に及ぼしてくれるとの事

 

できればランニングやサイクリングなどを20分~30分

週3回行うといいそうです

心拍数の数値などもありましたが、うちでは測れないもので……

ストレスを感じるのは”危険”を察知するからだそうで

体が少ない負荷を感じる程度の運動を行う事で

それは”普通”のことで”危険”ではないと思わせ

ストレスに強い脳になるようです。(簡単に言うと)

気になった方は読んでみてね

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一流の頭脳 [ アンデシュ・ハンセン ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2022/6/9時点)

楽天で購入

 

スピンバイクを漕ぎ始めましたが

それは年を取っても自分の足で歩いていたいから

脳にもいいなら尚更

元気な老後を迎えて ぽっくり行きたいもんです

 

穏やかな日々を送れますように